自律神経の乱れ

こんにちは♪アレスト古町店の樋口です!

最近天気がよく、ポカポカで過ごしやすい気候ですね(^ ^)この気温の変化でちょっと体調を崩されてる方もいますが、みなさんんは大丈夫でしょうか?!

自律神経☆_20190517_1

この寒暖差で自律神経が乱れて体調を崩しやすくなります。気温や気圧の激しい変化に体がついていけず、SOSを発することで寒暖差疲労になりやすくなります。

昼と夜の気温の差が激しくなると、体内なバランスが乱れ、身体に少しずつ疲労が積み重っていきます。

私たちの身体は自律神経によって体調調整が行われています。
急激な気温の差で自律神経のバランスが乱れてスムーズに体温調節が困難にかり寒暖差疲労として疲れが蓄積されてしまいます。

私達の体は寒い時に熱量を増やし体温をあげ、暑い時には汗をかいて体温を下げるなど自然に体調調節する機能があります。この機能がうまく働かなくなると寒暖差疲労。さほど寒い日でもないのに強い冷えを感じる原因にもなります。

これを放置すると、頭痛、肩凝りや首こり、血行不良、疲労感、眠気など、まだまだ自律神経が乱れると身体にたくさんの症状があらわれます。

最近、だんだんと年齢を重ねるたびにいろいろと身体に不調が出始め自律神経について調べるようになりました。昔から自分自身、夏でも汗があまり出ず、身体に熱がこもってると感じたり、暑いはずなのに足が冷たく寒いなど変だな。。くらいにしか思ってなかったんですが、、まさに自律神経の乱れですね。
自律神経の乱れは身体にたくさんの不調が起こります。
仕事にも関わっている事なので、また自律神経についてブログを書こうとおもいます。

今日、明日とまだまだ予約可能です!
ご予約お待ちしてます☆

PAGETOP